おたふくのお好み活動

2017年JGC修行とダイエットについて。2017年は夢を現実に。

シンガポール観光、入場無料のハウパーヴィラに行ってきた。

シンガポールといえば、メジャーなマーライオン、マリーナベイサンズ、動物園などありますが、あえてハウパーヴィラにも行ってきました。

ハウパーヴィラとは。

ハウパーヴィラ (虎豹別墅, 拼音: Hǔbào Biéshù, Haw Par Villa) は、シンガポールに存在する庭園、テーマパークである。旧称のタイガーバームガーデン(Tiger Balm Garden)で呼ばれることもある。中国の儒教道教仏教や、様々な伝説・説話等をモチーフとした多数の奇妙な像とジオラマを中心に展示した施設である。

 

施設概要

ハウパーヴィラは、軟膏薬タイガーバーム (虎標萬金油) の売り上げで巨財を成した胡文虎 (en:Aw Boon Haw 、1882年-1954年) と胡文豹 (Aw Boon Par、1884年-1944年) の兄弟により建設された。Haw Par Villa 及び虎豹別墅の名称はこの兄弟の名に因んだものである。

園内の像・ジオラマは、地獄・極楽の様子を表したものや、『西遊記』や『山海経』に登場する神仙・妖怪・瑞獣、『二十四孝』の道徳説話の場面など、中国の精神世界を紹介したものが多い。主にコンクリートを用いて造形された像の総数は1000以上、ジオラマは150に上る。これらの像はいずれも極彩色かつ見方によってはグロテスクな造形をしており、日本の力士や自由の女神像など、中国とは関係のない像も混在している。所狭しと並べられたこれらの像によるキッチュな景観がこの庭園最大の特徴である。

 

トリップアドバイザーでも、口コミたくさん。

www.tripadvisor.jp

アクセスは。

地下鉄でいけます。ハーバーフロントで乗り換えます。そして、駅名がハウパーヴィラになっています。駅の階段を上がるとすぐです。

都内で言えば、国会議事堂前とか、国立競技場とか、駅名になるほど有名な場所はだとわかります。シティホールからから20分もあれば行けたと記憶しています。

f:id:i-yuki123emon:20170511134558p:plain

 

到着

駅を出るとそこには奇妙な岩?

f:id:i-yuki123emon:20170511135024j:plain

門を抜けると

f:id:i-yuki123emon:20170511135111j:plain

f:id:i-yuki123emon:20170511135143j:plain

f:id:i-yuki123emon:20170511135226j:plain

f:id:i-yuki123emon:20170511135258j:plain

f:id:i-yuki123emon:20170511180332j:plain

f:id:i-yuki123emon:20170511180400j:plain

f:id:i-yuki123emon:20170511135323j:plain

なぜか、相撲にタイガーバーム

f:id:i-yuki123emon:20170511135332j:plain

f:id:i-yuki123emon:20170511135420j:plain

f:id:i-yuki123emon:20170511135429j:plain

 

f:id:i-yuki123emon:20170511174646j:plain

f:id:i-yuki123emon:20170511174658j:plain

f:id:i-yuki123emon:20170511174724j:plain

 

見覚えのある動物たち

f:id:i-yuki123emon:20170511174834j:plain

f:id:i-yuki123emon:20170511174847j:plain

f:id:i-yuki123emon:20170511174901j:plain

f:id:i-yuki123emon:20170511174914j:plain

まとめ

お金が有り余ったらこんなものを作ってしまうのでしょうか。

入場は無料。開園時間  9:00〜19:00

近くにお店がなかったので、飲み物は事前に購入し持参した方がよさそうです。

お時間がある方は是非行ってみて下さい。

シンガポールのUBERとタクシーについて思ったこと

初めてのシンガポール、移動手段は安いと聞いていので、UBER、タクシー両方使ってみました。

 

UBERについて

配車アプリで、スマホに登録しておけば海外に行ってもそのまま使えます。

行き先地を入れると、料金・時間が表示されるので、タクシーでいくらかかるかわかないところなど、参考になります。クレジットカード登録もしているので、その場のお金のやり取りも発生しないのもいいですね。

 

チャンギ国際空港からホテルまで乗ってみようと(失敗編

早朝に到着し、空港内のカフェでカヤトーストを食し、まずはUBERを呼んでみました。チャンギ空港からは、ターミナルと出口を選ぶようになっていました。そして、初の女性、写真は綺麗な女性でしたので、期待して待ちます。

待っても待っても会えません。彼女は、止まった場所から動きません。

f:id:i-yuki123emon:20170508191740j:plain

こちらがその場所へ行って見てもいません。

コレはどういうことか?わからず、うろうろしていたら、とうとう向こうからキャンセルされました!なぬーーーー!!!!!

今はキャンセル6ドルとられるんですね。まだ着いて間も無く、何もしていないのに

6ドルの罰金、先行きわるし。

f:id:i-yuki123emon:20170508191805j:plain

 

チャンギ国際空港からホテルまでやっと乗れた

やっと気が付きました。どう見てもさっきから空港に到着してる人しかいない。

カフェに行った後だったので、出発階にてずっとUBER待ってました。空港は到着階しか乗れないってこと、やっと気が付きました。

そして、到着階には各出口ごとに番号ありました。お姉さんをここでずっと待たしてたなんて。。。本当に申し訳ないです。

f:id:i-yuki123emon:20170508191754j:plain

また、お姉さんきてくれないかな・・・なんて思って呼びましたが違う人でした。

結局、パンパシフィックシンガポールまで 19.58ドルでした。

 

街中の移動 UBERvsタクシー

急遽、オリジナルラクサをたべるために、カトンヘ行くことにしました。

ネット情報の閉店時間まで残り40分、タクシーで15分なので、UBERに乗った方が良いと思いました。これがまた悲劇の始まり。

呼んだ場所はオーチャード、車はたくさんいたので5分でいきます。と、来た来たと思ったら手前を曲がってしまいました。次は明らかに向かい側、やはり通過していきました。また大回りして戻ってきました。今度はおそらく目の前を通過していきました。

は??なんなの。結局暑い中20分以上待ったのに、むこうからキャンセルされました。また、6ドルの請求、これは異議申し立てができるので、請求書から選択式のドライバーが現れなかった。を選択して送信したら、6ドルのポイントが付与されました。

仕方なく、IONに戻りタクシー乗り場に並びましたがとっくに閉店時間が過ぎていました。最初からタクシーにのれば・・・・

タクシーでカトンに行きましたが、UBERで出ていた料金より3ドル安かったです。

急いでいると行っても、UBERも相性悪いこともあります。この帰りのUBERがさらに悲劇で、乗った瞬間◯◯この香りがしました。約20分口呼吸で耐えましたが、ドライバーさんには5つ星をつけてしまいました。

 

ナイトサファリへ移動

こりずにUBERにのりました。20時ごろパンパシから約40分21.70ドルでした。

この帰りは、タクシー乗りばが激混みで、UBERをよびました。周りにも3組ほどUBERを待っている人がいて、22時ごろでしたが、あの周辺にはたくさんいました。5分で来てくれました。

 

チャンギ国際空港へ移動

これは、どちらを使うか迷いましたが、早朝でもUBERはホテル近くにいました。

しかし、UBERとは相性いいとは思えないので、ホテルでタクシーを呼んでもらいました。これが奇跡のうんちゃん。8時10分発の飛行機、WEBチェックインも空席なくできていないのに、時すでに6時30分、うんちゃんなんと15分で空港へ。ずっと車から「safety drive」と音声が言ってました。何キロだしたらでるのかわかりませんけど。そして、何と色々代込み16ドルでした。ちなみに、UBERはほぼ同じ時刻で20ドルこえていました。ここもタクシーの方が安いです。

 

まとめ

本当に急いでいるときは、タクシーが確実です。

今回の中では、UBERよりタクシーの方が安かったです。

そして、UBERは自家用車が多いので綺麗という感じでもなく、

変な匂いを放ったり、生活臭が染み込んでいることももあるので、観光地など、タクシーが行列になりかねない時、手持ちのお金がない時だけ、UBERを使うことがよいのかなと思いました。

 

 

 

JGC修行第二弾、初のひとりっぷ、ゼロ泊修行②

バンコクエアウェイズにてサムイ島へ

f:id:i-yuki123emon:20170501221128j:plain

サムイ島はタイ国内なので、どこで出国するのかな?と思っていたら、バンコクから出国でした。搭乗券にはハンコが押され、ゲートに行ったら私ひとりをハイエースに積んで、空港内を爆走してくれました。要は国内線への移動です。

f:id:i-yuki123emon:20170427213544j:plain

 

バンコクエアウェイズは、エコノミーでもラウンジがありました。

f:id:i-yuki123emon:20170427213635j:plain

f:id:i-yuki123emon:20170427213716j:plain

 

軽食もあり、少し充電したりして まずは1時間半程でサムイ島へ。

初めてみました、ブータン

f:id:i-yuki123emon:20170501221217j:plain

隣はタイスマイル。

 

f:id:i-yuki123emon:20170501221315j:plain

乗り込みます。送ってくれたハイエース

f:id:i-yuki123emon:20170501221356j:plain

船がいっぱい

 

f:id:i-yuki123emon:20170501221458j:plain

f:id:i-yuki123emon:20170427213807j:plain

着陸

f:id:i-yuki123emon:20170427213934j:plain

 

ここは、飛行機全てが沖止めで、カート移動です。

またここでも、ひとり別のカートに乗せられ、待機させてれます。約50分の乗継ですが、こんがり焼けた白人たちと一緒に乗り込みます。これは搭乗口です。

f:id:i-yuki123emon:20170427214036j:plain

外側から見ると

f:id:i-yuki123emon:20170427214421j:plain

搭乗口が全てリゾート風、ここには旅行で来ようと誓いました。

搭乗待合にも、ジュースやお菓子が置いてありました。このバナナチップスが美味しかった。

f:id:i-yuki123emon:20170427214322j:plain

 

三人席の奥になり、隣は白人ご夫婦、すっぴんマスクの長袖に小さいトートバック一つに、隣の奥様に何度も見られました。明らかにリゾート感ない女・・・しかもエアコン効きすぎて絞ったらまた見られる。

この女病気なんじゃないか?と思われたはずです。

同じような軽食をいただき、1時間ちょっとでKULに到着しました。

f:id:i-yuki123emon:20170427214548j:plain

 

やる気のない、トランジットカウンターで、KUL-NRTの手書きの搭乗券をもらい、リゾートマイラーさんと合流し、マレーシア航空のラウンジへ。PYの私はダメだと入場断られ、ビジネスのリゾートマイラーさんは入れるのに、キャセイのラウンジについて来てくれました。

f:id:i-yuki123emon:20170427215019j:plain

初めてのPYを堪能することもなく、疲れすぎてあまり記憶がないです。

 

f:id:i-yuki123emon:20170427215111j:plain

荷物も無事に届き、これでサファイアまで半分となりました。

 

また、KULに戻りますが当初の予定はお盆ですが、日本への帰り特典空きがなさそうなので、変更予定です。ゼロ泊、またやっても良いかなって思ってます。

 

JGC修行第二弾、初のひとりっぷ、ゼロ泊修行

無事に乗継飛行機もとり、出発体制が整いました。

 

i-yuki123emon.hatenablog.com

 

 

HND発040にて出発、隣不在の2列並びでした。赤ちゃんのように横になって寝ていましたが、足が攣って何度か起きました。

朝食をたべ、無事定刻少し前に到着しました。

f:id:i-yuki123emon:20170422195230j:plain

到着後に

液体物を買いたいので、クアラルンプールでの乗継時にスルーチェックインできるかどうかを確認しました。マレーシア航空からJALはできるとの確認済みでしたが、バンコクエアウェイズは、確認する時間がありませんでした。

できないのであれば、液体物は買わないことにして、預け入れ荷物を無くそうと思っていました。

まず、到着後の現地のJALスタッフに確認したら、無線で聞いてくれましたが、残念ながらスルーチェックインは無理なので預け荷物があるなら、一度クアラルンプールに入国しろとのこと。

問い合わせしていたこともあり、15分もかからず入国でき、

念のため、バンコクエアウェイズの出発カウンターに行き確認しました。

おしゃべり中のお姉さんが、大丈夫よできるわよ。との回答。

 

バンコクエアウェイズの人が言ったので間違いないと、街に繰り出します。

 

バンコクSIM調達

空港SIMのお店が並んでいる中で。true moveに行きました。

f:id:i-yuki123emon:20170422195313j:plain

iPhoneの設定を英語に変えて、そのまま渡すとものの1分ほどで返されました。

ワンデーSIM 24時間で90B、約300円程でサムイ島までは使えます。取り出したSIMはテープで台紙に貼って渡されました。そして、回線もスイスイです。

 

早朝に行ける場所

16時過ぎの便なんで、14時までには戻りたいと思っていました。

早朝に行ける場所として、市場に行くことにしました。空港シャトルからマッカサン駅にて地下鉄に乗り換え、ガムペーンペット駅を目指します。バンコクの富裕層の方がお買い物に来るとの記事を見たので、汚い感じではないのかな。と。駅の階段をでるとすぐでした。

www.bangkok.com

 生臭い匂いもない、そして混んでもなく、朝イチのご飯としました。

f:id:i-yuki123emon:20170422195424j:plain 

f:id:i-yuki123emon:20170422195514j:plain

 

f:id:i-yuki123emon:20170422195726j:plain

近くには、ウィークエンドマーケットがあるとのことで行ってみましたが、8時からというのにほとんどの店が開店前で、準備というより、各店舗でみなさん朝ごはんを食べている風景だけみて、地下鉄に乗りました。

 

ビックCにお買い物

ビックCにお買い物に行きます。10時開店に余裕がありすぎるので、コーヒーを飲んで時間をつぶします。

 

ビックCでシャンプー、石鹸を買い、また時間潰しに伊勢丹に行きます。

タイ国立病院のハーブを使った、アバイアブーベのシャンプー70B、石鹸30B、歯磨き粉65Bがお気に入りです。

 

 

やっとパッタイ

とにかくパッタイが食べたいので、さっと調べてでてきたプロンポン駅のイムちゃんに行くことにしました。

f:id:i-yuki123emon:20170422195907j:plain

何を思ったかガパオも頼んだら2口しか食べれず、暑さにヤラレていたピークの時です。

www.tripadvisor.jp

 

 空港に戻り一悶着

チェックインカウンターにて荷物を預けます。朝確認していたので、スルーチェックインできますよね。って、

お姉さんが、できません。

はああああああ?

朝できるって言ったのに!

残念だけど、サムイ島はスルーするけど、クアラルンプールまでは行くから入国してピックアップしてね。と。

いや、そんな時間ないし、朝ここでできるって言われました。って粘りました。片言の英語で。

ん〜やっぱできません。と。

そりゃー困る。重いのに、シャンプー買ったのに、朝は大丈夫って言ったのに。

そうこうしてたら3人くらい集まりみんなでパソコン眺めてる。

5分後、大丈夫そう、成田まであんたの荷物は行くわよ。

 

どこかで無くなる覚悟もしながら、預けました。 

クアラルンプールで出会い系

そのころだったでしょうか、リゾートマイラーさんがKULに向かっているというツイートをみたのは。

www.resortmiler.com

 DMさせてもらったらなんと、同じ飛行機でした。

街に出るかも?ということで、でなかったらお会いすることになりましたが、

考えてみれば、私はもう帰るだけの、すっぴんにマスクに、乾燥予防に保湿美容液塗りまくったテカテカBBA色々ヤバイですが、こんなこともなかなかないと思い、 ドキドキしながら、バンコクから出国することにしました。

 

 続ける。

 

JGC修行第二弾、初のひとりっぷ、ゼロ泊修行*予定決定まで

今回はKUL発券をしたので、とにかくKULに行かねばなりません。

単純にクアラルンプールに行くのは面白くないと考える、色々案を絞り出しました。

 f:id:i-yuki123emon:20170420222303j:plain

当初の予定

金曜日に有給をとる予定、日中便のバンコクBA特典を予約をしていました。

もちろんエコノミーで、12500AVIOS+諸税4540円です。

 

予定変更

しかし、日程近くなるにつれ有給申請できず、仕方なく他の行き方を検討をはじめました。それは、金曜日仕事終わりに羽田から行け、なおかつ紅組飛行機でクアラルンプールにいけるところです。

案⑴BKK深夜便

案⑵SGN深夜便

しかし、BKKの特典の空きがありません。

SGNに行く覚悟で色々調べ始めましたが、なんせベトナムはいったことありませんでした。ただでさえひとりっぷが不安なのに、そうこうしていたら、1週間前にBKK深夜便に空きがでました。

そこで、急いでネットから変更しました。

行き先が同じであればネットから日程変更可能でした。ただ、手数料として5740円発生しましたが、知らない土地に行くのが不安だったので、かなり安心しました。

これで、ゼロ泊の旅ができることとなりました。

 

BKKからKULの移動

BKKがとれたことで安心していましたが、SGNに行くことになるかもしれない状況だったので、この間をとっていませんでした。

1週間前、すでにマレーシア航空の夕方便は空席なし、早朝便はあるものの、BKK到着後に移動するのではBKKに行く意味がない。

ドンムアン空港DMKから、LCCなら安くありましたが、ぎりぎりまで粘ることにしました。結果出発日の夕方、値段は少し予定金額を超えましたが、BKKーKULをサムイ島乗りかえでバンコクエアウェイズが時間的に理想のため、おさえました。FOPはつかないものの、マイルがつくというのも決め手でした。(というか、これしか時間もないし選択肢がなかったという感じです。)


決済後焦りました。ただでさえ、出発日に焦っているのに。

 

f:id:i-yuki123emon:20170420221004p:plain

 

 確認して買ったはずなのに、サムイ島からクアラルンプール、サムイ島からクアラルンプールになってるではないですか・・・・



頭真っ白になりました。受信したメールを見て安心。予定通りの旅程になっていました。

おかげで帰って少し寝て行こうと思ったのも無理でして、そのまま準備して羽田に向かいました。ひとりの30時間の旅が始まります。

 

 

 

 

JGC修業第一弾、北京観光と北京ダック

丸1日滞在できるのは、この日のみ。

朝食を最近日本にも上陸した鮮芋仙で食べ、天安門広場へ向かいました。

f:id:i-yuki123emon:20170401093605j:plain

2月の北京、寒さ対策万全だったのにコートがいらない暖かさでした。

宗文門駅から一駅の前門駅でおり、

天安門広場へ向かいます。

長い列のセキュリティーを抜けます。

f:id:i-yuki123emon:20170401094159j:plain

 

抜けたら

f:id:i-yuki123emon:20170401094237j:plain

どんどん近づき

 

f:id:i-yuki123emon:20170401094319j:plain

ここをくぐって

 

f:id:i-yuki123emon:20170401094414j:plain

門を二つくらい抜け、

あらゆるとことが並んでおり、結局城壁外から景山公園を目指し、景山公園の展望台から見下ろしました。

f:id:i-yuki123emon:20170401094519p:plain

 

30分以上歩いたと思います。

とてつもなく広いです。

f:id:i-yuki123emon:20170401094622j:plain

 

お昼に日本大使館の近く、餃子を食べました。

www.tripadvisor.jp

 

夜の北京ダックのため歩いてお腹を空かせます。ひとまず、北京の表参道

三里屯へ団結湖駅から歩き向かいます。

f:id:i-yuki123emon:20170401100241j:plain

北京のドーバーにもおじゃまして、

f:id:i-yuki123emon:20170401104444j:plain

f:id:i-yuki123emon:20170401104501j:plain

 やっとこさ、北京ダックです。三里屯エリアから徒歩圏内です。17時半オープンですが、予約もせず行き入れました。出る頃には満席だったので、予約はした方が良さそうです。

f:id:i-yuki123emon:20170401100352j:plain

f:id:i-yuki123emon:20170401100408j:plain

f:id:i-yuki123emon:20170401100432j:plain

f:id:i-yuki123emon:20170401100450j:plain

旅に出るとお腹が張ってしまい、量が食べれませんでしたが女子二人飲み物

チャーハン、北京ダック丸一匹、サービス料コミコミで1万弱でした。

 

この店舗がある一画は、工場を改装したようで、外にはおしゃれ?なオブジェがたくさんあります。

f:id:i-yuki123emon:20170401100307j:plain

f:id:i-yuki123emon:20170401100316j:plain

f:id:i-yuki123emon:20170401100331j:plain

allabout.co.jp

 

翌日は朝一帰るだけです。もちろんエコノミー席でしたよ。

JGC修業第一弾、沖縄→北京 ①

JALダイナミックパッケージツアーにて沖縄発北京に行ってきました。 

i-yuki123emon.hatenablog.com

 

 朝イチの沖縄往復が安かったので、始発✈️にて往復。

一旦相棒とは別れて、有楽町で時間を潰しました。

交通会館の中の交通飯店に大行列で、気になって調べたらイチローが貸切で来るとか。それは、食べなければと思い、結局1時間並びました。

 

羽田国際線に戻り、ガラガラに空いてるのに、自動化ゲートを通過し、

唯一使えるラウンジ、TIAT LOUNGE(隣がサクララウンジ、上がキャセイ見える景色はそんなにかわらいのかな。)へ。ここは、いつ来ても人がいません

おかげで、軽食食べて、くつろげるし、無駄に広いです。シャワーもありますが使ったことありません。f:id:i-yuki123emon:20170313212453j:plain

 

そして、なんとなんと何にも考えずに72時間前にwebチェックインした時も気づいてなかったんです。

一般のツアー客なのに前の方とれるんだなーくらいで。

座席に行ってびっくり!10AB

ビジネスシートでした。(サービスはもちろんエコノミー)

驚いてCAさんに聞いたらエコノミー混んでるから、こっちの席使ってるだけよ。とのこと。早めにwebチェックインしてそんなこともあるんですね。

ビジネスに乗ったことないのにこんな突然座れることになるとは…

f:id:i-yuki123emon:20170313212824j:plain

 

 

f:id:i-yuki123emon:20170313213535j:plain

 

周りも数人しかおらず、サービスはエコノミーだったので、その数人に運良くなれたようでした。

寝ても勿体無いし、起きてても勿体無いし、そうこうしてたらあっという間に到着です。

 

行き先は入力を地上で間違えてなおせないらしく、バンコクのまま北京に到着しました。(ってことは、バンコクに飛んでる機材のビジネスなんですね。)

f:id:i-yuki123emon:20170313213053j:plain

 

すでに20時過ぎ、ホテルに向かいます。空港エクスプレスで一律25元でした。地下鉄に乗り換え約30分ほどで到着しました。

ホテルはノボテルでしたが、ホテルwi-fiツイッター、LINE、グーグル全て繋がらず。おとなしく寝ました。

 

②に続けます。